FC2ブログ

裏磐梯のペンションハイジの日々



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2018 >>
最近の記事
プロフィール

アルも爺さん&それからのハイジ

Author:アルも爺さん&それからのハイジ
裏磐梯に暮らして30数年 日々裏磐梯が好きになっています。
今日の風景は二度とない・・・・
めぐる季節の中でこの風景に励まされたり、勇気をもらったりして元気に暮らしています。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

一人旅

   
春・秋・冬とひとりでオフシーズンに一週間滞在されるお客様がおいでです。若いころはいろいろな山に登ってこられたようで山のお話は尽きません。その中でも磐梯山は好きな山の一つとのこと、その理由は頂上に登ると360度の中にいろいろ詰め込まれた楽しい景色を見ることができ、下りるとお花畑があり、崩壊壁はスケールが大きく、さらに下りていくと銅沼あり、色々な沼に巡り合えるので1回登って5個お得な山よとおっしゃいます。その方は行は八方台までお送りしますが、帰りは磐梯高原に出て歩いて帰って見えます。滞在中ずっと雨ということは今までありませんが、天候など考慮して緩急つけた過ごし方をされ、裏磐梯をくまなく歩かれます。最近は大塩の棚田の風景も気にいっていただけたようで、バス道路からずいぶん離れた工房にも「気にいったものあるのよ」と歩け歩けで訪ねます。
 今回は磐梯の桜を楽しみにされていろいろ回ってご覧になったようです。バスの不便さも十分わかっての時間配分。お一人だからといって私たちも手取り足取りはしません。たまたま用事で行く方向があえばどうですか?行きます?ぐらいの対応です。お食事は7日間和洋中いろいろで作る方も何気に力が入りますというか気は遣います。ただそんなふうに裏磐梯がお好きで楽しんで過ごしていただけるのは嬉しいなと感じています。IMG_20170516_103310.jpg
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://pensionheidi.blog89.fc2.com/tb.php/409-6dc3cf45
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。